第5回オンライン音楽講義を終えて

前回の講義から、随分と時間が経ってしまいましたが、
10月20日の音楽講義では、
いよいよベートーヴェンに突入致しました。

日本でも大人気の作曲家ベートーヴェン。
もちろん大天才である事は確かですが、
歴史的背景、そして類い稀なる教育により、
その才能が大きく開花した過程をお話させて頂きました。

漠然としたイメージに留まらず、
自らの理念信念を音楽にして、
何とか人々に伝えようとした大作曲家達の葛藤、そして苦悩。
そのエネルギーが本当の表現となり、
時代や国を越え、未だに私達の心を捉えて止まない強烈な音楽…。

そのエネルギーに満ち溢れたベートーヴェンの音楽を代表する、
交響曲第5番vs第6番が次回のテーマとなります。

ベートーヴェンが如何に自らを整え、
感情をコントロールしながらも利用し、
相反する世界を表現したのか…。
その世界に少しでも近づければと思います。

また前回は大変嬉しい事に、
講義後のディスカッションが大変充実した、
そして実りあるものとなりました。
長時間となりましたが、
皆さまお忙しいところ、お時間を取って下さり、
本当にありがとうございます。

次回も、音楽を通じて、
人生、教育、子育てについて皆で考える機会を持てればと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

イデア・ミュージック・アカデミー
学院長 中西誠