第6回オンライン音楽講義を終えて

先日の講義は、
ベートーヴェンの作品の中核を成す、
交響曲第5番と第6番についてでした。

どの作曲家も、大雑把に言って、
短調か、長調か、
そして、二拍子か三拍子かで葛藤していたように思います。
ベートーヴェンの作品に於いても、
絶えずその様な葛藤があったように思います。

理想を現実化(音楽化)することに終始悩み続けた作曲家達の、
理念信念に、今更ながら頭が下がる思いです。
強い者、権力のある者、地位のある者に媚び諂うのは、
自分を守るために最善の手段なのかと思いますが、
音楽の為には正反対で、
そこを鋭く指摘して止まないベートーヴェンの音楽は、
絶えず私達の魂を高みへと導いてくれます。
ただし条件付きで。

さて、次回はいよいよベートーヴェンの集大成である、
第九番の交響曲です。
バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンに至るまで、
一貫して、時代を超え、国を超え、
私達に自分について考える事を促した作曲家達。

第九交響曲を通じて、上記の条件について、
痛烈に私達人間に厳しい問いを投げかけるベートーヴェン。
その問いの意味、そして人間のあるべき姿を追い求める必要性を、
なるべくベートーヴェンの目線でお話出来ればと思います。

予定では一楽章から三楽章の解説、
そして四楽章の歌詞の本当の意味、
そして音楽を聴きながらの考察など、
既にご案内があったかと思いますが、
予定の一時間では不可能で、
今回は一時間半の時間を頂ければと思います。

もちろん途中退席、アーカイブのみのご参加も大歓迎です。
この音楽講座での、ある意味での頂点の一つかと思います。
ベートーヴェンの音楽だけではなく、
音楽全般を見直すために、
是非ご参加頂けますと幸いです。

お忙しい年末だとは思いますが、
ベートーヴェンが理想とした第九とは違った演奏が多々奏される12月に、
ベートーヴェンの『本当の第九』に少しでも迫れればと思います。

イデア・ミュージック・アカデミー
学院長 中西誠